“The Keeper” 2

“The Keeper”  the New Museum

<その1より>

Korbinian-Aigner--1a-copy

Korbinian Aigner (1885-1966)はドイツ人のカソリックの牧師でリンゴとナシの品種と収穫を

ドキュメントした絵はがきサイズを絵を900点以上も残しています。

ナチスに抵抗したために1939年にはDachauの収容所へ送られ強制労働を課せられますがその

間もリンゴの栽培をしていました。その間に種を蒔いてそれから新しい品種を作り出したりも

していたそうです。

Korbinian-Aigner--5a-copy-2

Korbinian-Aigner--3-copy

 

1980年からニューヨークに住んでいるYuji Agematsuさん(b.1956)の作品.毎日シティーを散歩し、

ストリートから拾ってきたタバコの吸い殻、ガム、箱や植物や布の切れ端など小さな屑を写真を

撮ったり、ピンで留めたり、彼独特のシステムにオーガナイズするそうです。この作品はタバコの

パッケージのセロファンの中にそれらが入っています。

Yuji-Agematsu−1a-copy

Yuji-Agematsu-2a-copy

 

スェーデン人のHilma af Klint (1862-1944)は子供の時に妹の死をきっかけとしてスピリチュア

リズムに傾倒します.オートマティックドローイングとライティングでメッセージを送ってくる

”High Masters”とコミュニケーションができると言っていたそうです。

af Klintは千点以上の作品を残していますが、作品を理解してもらうには当時では困難だろうから没後

20年間はプライベイトにキープしておいて世間からは隠しておくようにという遺言を残したそうで

す。そして1960年代に公開された時、モンドリアン、カンディンスキーと同時代に抽象画を

描いていたaf Klinは抽象絵画のパイオニアという評価を受けるようになります。

Hilma-af-Klint-3-copy

右から二番目の作品のディテール:

Hilma-af-Klint-ba-copy

 

Hilma-af-Klint-6-copy

Hilma-af-Klint-4-copy

Hilma-af-Klint-5a-copy

 

雪の結晶の写真を撮り続けたWilson Bentley (1865-1931)の作品も展示されていましたが、Bentley は

5000ぐらい雪の結晶の写真を撮った後、雪の結晶は同じものが一つもないと確信したそうです。

 

http://www.newmuseum.org/exhibitions/view/the-keeper

 

参照:

‘The Keeper’ Reveals the Passion for Collecting

http://www.nytimes.com/2016/07/22/arts/design/the-keeper-reveals-the-passion-for-collecting.html?_r=0

 

The Art of Collection & Preservation; キュレターのMassimiliano Gioniのインタビューです。彼自身の

本を集めてしまう癖なども話しています。

http://www.wnyc.org/story/keeper-new-museum/

 

 

 

 

Categories: Gallery and Museum

Leave a Reply