Raymond Pettibon

Raymond Pettibon: A Pen of All Work

New Museum; Feb 8th- Ari 9th 2017

もう一ヶ月ぐらい前になってしまいましたが、見逃せないと思って最終日に行った

ドローイングのパワーを感じさせてくれた展覧会です。Raymond Pettibonの約700点

ドローイング展示されていました。

Raymond Pettibonは1957年Tucson, AZ生まれ、南カルフォルニアで育っています。

70年代はロサンゼルスのパンクロックシーンでBlack Flagのロゴ”four bars”やバンドの

チラシを作ってカルトヒーロー的な存在だったそうです。

“four bars”を連想させるエレベーターのドアのペインティング

 

 

7年前からNYに住んでいるそうですが、波の作品は西海岸そのもの。

真ん中辺りのディテール:

 

彼自身の言葉と他からの引用が重要な要素になっています。政治、文化、犯罪、

ポピュラーカルチャー、アメリカの社会の状況を時代の流れの中で鋭い目を通して

なんでもドローイングにしているといった印象です。

 

http://www.newmuseum.org/exhibitions/view/raymond-pettibon-a-pen-of-all-work

 

参照;Raymond Pettibon: Pictures, Literary Voices and Surfers, Too

https://www.nytimes.com/2016/12/30/arts/design/raymond-pettibon-new-museum.html?_r=0

 

 

 

 

Categories: Gallery and Museum

Leave a Reply