未来派 Italian Futurism-3

<その2より> 第一次大戦後:1920年代 新しいメンバーも加わりarte meccanica (machine aesthetics)の時代になります。 メカニカルな表現、モーション、スピードがmodernityのシンボルとなった時期。 (Ivo Pannaggi, Speeding Train 1922)   (Fedele … Continue Reading →


未来派 Italian Futurism-2

<その1より> 第一次世界大戦の以前の“heroic” phase: フランスのCubismの影響を強く受け、空間と時間の既存の概念を壊すために ダナミックな動きとバラバラに分解された形で表現された作品が多い時期。 (Umberto Boccioni, States of Mind 1979 -detail) … Continue Reading →


未来派 Italian Futurism-1

Italian Futurism, 1909–1944: Reconstructing the Universe Guggenheim Museum February 21–September 1, … Continue Reading →


エスニックな街 Sunnyside-2

(その1から) マンハッタンでよく見かけるタイプの韓国人経営のパン屋さんで。カフェにもなって いて流行っています。 : Baruir’s Coffee 40-07 Queens Blvd、Sunnyside 1966年にオープンしたコヒー屋さん。30周年、35、40、45と記念のポスターが … Continue Reading →


エスニックな街 Sunnyside-1

ニューヨークは人種の”るつぼ”と言われる事もありますが、実際に住んでいると もし例えるのであれば”るつぼ”よりもモザイクに近いと思うようになってきました。 混ざりあってはいるかもしれませんが、溶け合ってはいないと思います。それぞれ の部分の中身はそれまで持っていた特徴をしっかり保っていると思います。 (サニーサイド:サブウエイは地上を走っていて、その線路の下にこんな日陰の場所があり、 チェスなどを楽しんでいる人たちもいます。)   日本人にしても近頃は日本のマーケットがいくつもあり、品数は限られていて値段も 高めですが、だいたいの物は買えるし、日本のパン屋さんもケーキ屋さんもあるし、 本屋さんもあるし、日本語のテレビ放送もあるし、(インターネットで日本のドラマ … Continue Reading →


Williamsburgの壁

ブルックリンのWilliamsburgはヒップスター文化の中心となっていて、バーや おしゃれな小さな店がならんでいる地域ですが、先日中心からは少し離れた 道を歩いていた時に見つけた壁の様子です。 遠くから見えた時、一瞬だれかの作品かと思いましたが、修理を施された跡 でした。 : そこから2、3ブロック行ったところで見つけたディスプレーらしき自転車の フレーム。 : 今でも良く見かける典型的なスタイル。


屋外 Sculpture

Jeff Koons Split-Rocker  Rockefeller Center June 25, 2014 – September … Continue Reading →


抽象以前のKandinsky

Kandinsky Before Abstraction 1901–1911 Guggenheim Museum June 27, 2014–Spring 2015 ”Kandinsky … Continue Reading →