Rube Goldberg

今朝テレビで”Rube Goldberg マシーン コンテスト”というものがある事を知りました。 Rube Goldberg(1883 –1970)はシリアスなポリティカルカトゥーンで Pulitzer Prizeをとっていますが、彫刻家、エンジニア、発明家でもあり、そしてコミカルな カトゥーンで有名です。 “Rube … Continue Reading →



The Fashion World of Jean Paul Gaultier:1

ニューヨークはこのところ凍てついています。まだしばらく続くという予報です。 木曜日はブルックリンミュージアムが夜10時まで開いているので昨日行ってきました。 サブウエイの駅が美術館の真ん前にあるのでこういうお天気の時は助かります。 The Fashion World of Jean Paul Gaultier: … Continue Reading →


また雪が積もりました。

昨日のランチタイムのマディソンスクエアーパーク:(メットライフビルディングが雪でかすんでいる。)   昨日、またスノーストームが来ました。今年に入ってもう二回目。 (いつもはこんなにありません!) 午後からひどくなってちょうどラッシュ時に風がでて吹雪状態だったので 家にたどり着くのたいへん。 今朝のマディソンスクエアーパーク:(遠くに見えるのはエンパイヤーステイトビルディング)   今朝はすっかり晴れたので、今回はNY地方の学校はオープンでした。 気温はかなり下がっています。今週はずっと日中でも氷点下の予報です。 … Continue Reading →


マザウェル コラージュ展

長くやっているので,この展覧会はそのうちにと思っているうちに最後の週になり、 そうこうしているうちに半端ではない大寒波がやって来て外出するのさえ大変な事に なりました。それでもやっと最終日に見てきましたが、寒波まだは続いていたのでそ の日は街にほとんど人通りがなかったことが妙に印象に残っています。 Robert Motherwell: Early Collages Guggenheim Museum  … Continue Reading →


Rituals of Rented Island

Rituals of Rented Island Whitney Museum Oct312013- Feb2 2014 この展覧会はずいぶん前に見ましたが、ニューヨークのニューヨークらし … Continue Reading →


アド・ラインハート その2

  ブラックペインティング: 1951年頃から1957年に亡くなる迄の間作り続けた作品です。実際に作品の前に立つとブラック( 黒)ではありません。黒に近い青、黒に近い青紫、黒に近い緑、黒に近い茶色がかすかに見え始め てきます。ある作品はではそれらの色の限りなく近く、全体が黒に近く見えたり青っぽい黒に見え たりします。またある作品では九つに区切られた碁盤の目がそれぞれ違う色に見えてきたり、 真ん中の横ラインが帯状に浮かんできたりします。それらの色、形は見えたかなと思うとまた次第 に見えなくなっていたり、逆にだんだん見えてきたりします。かすかな色の囁きは知覚できるかで きないかの限界に近いのですが、確かにそこに存在する感覚があります。 ブラックペインティングサイズはどれも縦横5フィート(約1.5m)です。 … Continue Reading →


アド・ラインハート その1

少し前の話しになってしまいますが、アド・ラインハート(アド・ラインハルト)<1913-1967> の展覧会の最終日(12月18日)、閉まる間際にもう一度見に行きました。その日は雪が降ってい て夕方には冷え込んできたのであまり人が来ていないかと思っていたのですが、ギャラリーには三、 四十人いました。 Ad Reinhardt 537 West 20th Street, … Continue Reading →


スノーストームがやって来た。

昨夜から今朝にかけてスノーストームがやって来ました。ニューヨークの冬は何回か数えるほどしか 雪は降りませんが、たくさん降った時は街がストップしてしまう事もあります。今回の雪は量はさほ どではありませんでしたが、気温がかなり下がっていて、今日は日中でも18度F(-7度C)、夜は 3度F(-16度C)まで下がるそうです。道がツルンツルンに凍って危ないことになりそうです。 今日は小学校は休みになりました。 ほとんどの車が路上駐車なので、雪が降るとこういう風景になります。(パークスロープ、ブルックリン)   公園の丘でソリ遊びを楽しむ人たち。(プロスペクトパーク、ブルックリン)