未来派 Italian Futurism-3

<その2より>

第一次大戦後:1920年

新しいメンバーも加わりarte meccanica (machine aesthetics)の時代になります。

メカニカルな表現、モーション、スピードがmodernityのシンボルとなった時期。

Ivo-Pannaggi,-Speeding-Train-1922-copy

(Ivo Pannaggi, Speeding Train 1922)

 

Fedele-Azari,-Flight-Freed-1926-copy

(Fedele Azari, Flight Freed 1926)

 

Speeding-Motoboat(1923)-–-Benedetta-copy

(Benedetta,Speeding Motoboat 1923)

:

1930年代:aeropittura (painting inspired by flight)

傑出したイタリアの空軍の影響を受け、Futuristの関心が自動車から飛行機へ

と移った時代。国粋主義的な要素が強まり、Mussoliniのローマ帝国の全盛の

時代と相等しいという見解に応じて、Futurisの作品の中に古代ローマの遺跡

などがモチーフとして扱われることも多くなって来たようです。

Tato , Flying over the Coliseum in a Spiral-1930

(Tato , Flying over the Coliseum in a Spiral 1930 )

 

Tullio Crali, Before the Parachute Opens1939

(Tullio Crali, Before the Parachute Opens 1939)

:

建築

Mario-Chiattone,-Bridge-and-Study-of-Volumes1914-copy

(Mario Chiattone, Bridge and Study of Volumes 1914)

:

写真

futurism_photography_masoero_descending_over_san_pietro-copy

(Filippo Masoero, Descending over San Pietro 1930–33)

:

今回初めてオリジナルの展示の場所から外に出されたBenedettaの作品

“Synthesis of Aerial”

Benedetta-Synthesis-of-Aerial-Communications-copy

 

 

 

Categories: Gallery and Museum

Leave a Reply