ブロータス:Marcel Broodthaers 2

<その1より>

Broodthaers-6r-copy

Marcel Broodthaers: A Retrospective

MOMA;Through Sunday, May 15

 

Broodthaers-5-copy

 

Broodthaersは52才の誕生日に肝臓病で亡くなっています。彼がヴィジュアルアートを始めた

40才から亡くなる12年間の短い間に作った作品は”アートの社会での役割”を考察し、また

彼の”作品をobject ではなくenvironmentとして捉える”考え方は現代のアートに大きな影響を与え

ています。実際、もし予備知識なしにこの展覧会を見に行ったとしたら、今現在の作家の作品と

思ったかもしれません。

 

Broodthaers-8-copy

 

1968から4年間Broodthaers はMusée d’Art Moderne (Museum of Modern Art, Department of

Eagles)という美術館を作りディレクターを勤めます。これは彼の作品を納めるための美術館で

はなく美術館はどうあるべきかのコンセプトを表した作品でポストカード、スライドショウ、

クレートなどで構成されていました。60年代70年代は美術館の運営に美術史家が割り込んでき

た時代だそうです。また政治的な力、商業主義と美術館の関係からではなく、美術館としての

アイデイアがあって初めて美術館は成り立つのではないかという表現です。

 

Broodthaers-c2-copy

美術館を解消した後はアフリカへの植民地政策をテーマにしたインスタレーションの作品を多く

作っています。70年代のブリュッセルでpalm treeが空間にいっぱい置かれている状態は見る人を

全く別の場所へと運んだのでは。

 

小さな地図帳(4.2 x 2.9 x 1 cm):

Broodthaers-10-copy

La Conquête de l’espace, Atlas à l’usage des artistes et des militaires (The conquest of space, Atlas for the use of artists and the military)1975

このサイトで詳しく見れます。:Marcel Broodthaers’s Teeny-Tiny Atlas

http://hyperallergic.com/273950/marcel-broodthaerss-teeny-tiny-atlas/

 

ARTICLE 019: Marcel Broodthaers – MoMA Retrospective:

キューレターのChristophe Cherixが展覧会について話しています。この展覧会を設営している時に

彼はムール貝、卵の殻とBroodthaersの作品はBlack and Whiteに集約されているのではと気が付い

たそうです。ー それは詩人Mallarméが言った、“書く前に、読んで理解する前に、白い紙に黒い

typographyがあり、視覚的にすべてBlack and Whiteである。“という意味合いと繋がり、

Broodthaersの作品はページを離れた詩となっているのはないかとCherixは言っています。

 

http://www.moma.org/calendar/exhibitions/1542?locale=en

 

参照:MoMA Gives Us the ‘Romantic-Realist’ Marcel Broodthaers That We Deserve

https://news.artnet.com/art-world/marcel-broodthaers-moma-exhibition-426959

 

 

 

 

 

 

Categories: Gallery and Museum

Leave a Reply