スーラ :Seurat’s Circus Sideshow

Seurat’s Circus Sideshow

Metropolitan Museum of Art; February17 – May 29, 2017

ジョルジュ・スーラ : Georges Seurat (French1859–1891)

 

Seurat は1891年に31才の若さでこの世を去っていますが、その短い生涯で6点の大作を

残しています。”Circus Sideshow (Parade de cirque)”はその中の一点で唯一、夜の屋外を

描いた作品で、pointillist technique (点描)で描かれています。1960年からMetのコレ

クションに入っているそうです。

 

“Circus Sideshow (Parade de cirque)” by Georges Seurat

 

起源は中世に遡るサーカスは19世紀のパリで人気の催し物だったそうです。

sideshow(フランス語ではparade)はサーカスの本番前のプロモーションの無料の

アトラクションで貧富の差を越えて大勢の人が集まったそうです。今回の展覧会は

そのCuicus Sideshowをテーマとして、Seurat のペインティング2点と16点のドロー

イング、Daumie, Bonnard, Pissarro などの作品とSeuratが頼りにしていた色の理論、

新聞、イラスト、ポストカード、ヴィンテージの楽器なども一緒に展示されていま

した。

 

撮影はOKだったのですが、もう一回行こうと思っていて写真はその時にと思っていた

のですが、行けなかったのでほとんど写真がありませんが、Seurat のドローイングは

光と陰、テクスチャーが繊細でありまた優雅で見とれてしまいました。

conté crayonでハンドメイドのMichalletという紙(木炭紙に似たテクスチャー)に描か

れています。

 

会場の様子:

http://www.metmuseum.org/exhibitions/listings/2017/seurat-circus-sideshow/exhibition-galleries

 

作品のチェックリスト:

http://www.metmuseum.org/-/media/Files/Exhibitions/2017/Circus%20Sideshow%20Complete%20Objects.pdf?la=en

 

参照:Cirque du Seurat at the Metropolitan Museum of Art

https://www.nytimes.com/2017/02/16/arts/design/cirque-du-seurat-at-the-metropolitan-museum-of-art.html?_r=0

 

 

 

 

 

 

Categories: Gallery and Museum

Leave a Reply